仮住まいがらみの話 帰還

「いいね!」のいいね→わかる
「共感」のいいね→まあわかる
「ドンマイ」のいいね→わからない

こんにちは、mzです。備忘録みたいな回です。
えらいもんで17日土曜、仮住まいからすべての荷物を運び終え再び本家へ移住しました。1日仕事だった。

金曜に本家へ水やり行ったとき、工事終わって荷物運び込まれてたんよね。この荷物は本家から仮住まいへ運ばなかったもの全部。
で、いつまでに本家へもどりゃええのん? って損害調査会社へメール投げたのが金曜の15:20。送信時になんかエラー吐かれてちゃんと届いてるか不安になり15分後に再メールしてる。
その再メールに「届いてます」とだけ返信があり、質問の方はスルーかいなと。この時点でイヤーな予感はしていた。

翌土曜、メールの返信なし。週末だもんね。
あくまで工事が終わってるように見えただけで「もう戻ってエェで!」とお墨付きをもらったわけではない。ないのだが昨日のメール返信内容に腑に落ちないものを感じた私は帰還を決定。
6往復ほどしてチャリ&徒歩で運搬。治ったばかりの腰にクるんで一度に無茶な重量は扱えない。15kg程度が限度。
徒歩は最後のPC運びのみなのだが、悪いことにわずかながら雨が降っていた。そしてPCをすっぽり覆えるほどの袋でもあるとよかったがそんなものはなく、入居時の荷運びに使った段ボールにPC入れて20Lのゴミ袋かぶせて手持ち。でかさ的に尋常でなく持ちづらかったのは記憶に新しい。そして重い。さらに雨。救いなどないのだ。
うちのPCの天井部分はメッシュで雨が通りやすい。マザーはともかくGPU直撃は大いに起こり得る。とにかく腕がキツく何度も持ち方変える間にかぶせておいたゴミ袋キャストオフ。不安! でもかぶせ直す余裕ない!
ヒヤヒヤしながら、上腕筋組織をバキバキにやられながらどうにか帰り着き、ティッシュでトントンとPC内部……GPUとマザー中心に水濡れチェック。見た目でわかるような被害はない。電源ユニットまわりもまあ大丈夫そう。
果たして無事にPC起動したのは18時回った頃。14時半辺りからの作業だったがかなり早く終わった。
ごはん食べて一心地つき、土曜恒例の配信。後、疲労すごいしとっとと寝ようとベッド(折り畳み)広げるスペース確保に臨む。うちは窓からロッカーの間にベッドという配置関係でそれの再現を試みるもスペースが足りない。適当な場所へ置きやがって! と理不尽な怒りを顔も知らぬ業者に向けて、山積みの箱とロッカーをちょっとずつ動かして、なんとかベッド展開完了。勢い余って窓をぶち破らないか心配だった。


左側奥が件の寝床。土曜夜段階では左最奥の収納と観葉植物は写真の位置になく、枕の向こう側が即窓という風情であった。収納の上に三脚が立ってるのはVIVEのベースステーション設置するため。

日曜も肉体労働の日となった。買い物、カレー作り、荷解き――

やることが……
やることが多い……!!

とりあえずすぐ必要なものを出そう、と思ってもなっかなか見つからず、箱に書いた内容物についてアテになったのは先日出したルーターくらいだ。これはどこ入れたかわからんと困るのできっちり書いといた。
ルーターといえば光ケーブル(結構長い)が一緒に箱詰めされており、さらに10月初旬ごろ、別室に保管されてる本家側の荷物を漁らせてもらった際に縦長の箱が一部横倒しにされてるのを見てしまって、ルーターにくっついてるケーブル大丈夫かしら……と不安に駆られたものである。ルーターを一緒に箱詰めしたオフトゥンに埋め込む感じになっててよかった。
話を戻そう。
奮闘の甲斐あり山積みの箱の半分近くが日曜のうちにさばけた。先日のPC運びの余波であろう上腕筋の痛みにまいりつつ就寝。

月曜。起きたらそろそろ13時という時間。疲労がたたっている。
依然痛みを帯びる上腕。まあ日曜も腰やばくなる程度に作業したから……。
特に来客予定もなかったが、損害調査会社の人が来た。工事終了後の状態について気になる点を先日メールしたのでそれについてだった。事前に電話して、と思ったけど午前中寝てたわ。(註:mzが寝てる間はルーターの電源が落ちており光電話がつながらなくなっております)
大抵の玄関には照明がついてる。うちにもある。
で、キッチンにも照明がついてる。しかしうちのキッチンは玄関から目と鼻の先といえる距離感。なんなら玄関入った小脇にガスレンジだ、わはは。
なのでキッチンの蛍光灯はいらんよと工事前に伝えてあった。にも拘わらずキッチン照明として蛍光灯がついてるのが問題の1つ。収納とセットになってて照明だけ外せないんだろうけどね。
でもどうやら今のヤツを外して別のと交換になるらしい。照明なしにできるのにしなかった、なぜなのか。まあ希望通りいくならそれでいい。
ふたつめ、クローゼット内に敷かれてた備長炭シートが減ってる。最初にここ入居する際にアート引越センターにおすすめされた品。
クローゼット内部も漏水被害を受けたものだが、いくらなんでも勝手に処分するってことはないよな。これは同等の代替品を用意するとのこと。
冷蔵庫の下に敷かれてたコルクっぽいシートもなくなってるとメールに書いたがこれは言及されなかったし私も忘れてて今思い出した。
みっつめ、電話と光回線のケーブルが途中から固定されてない。横ベクトルで部屋まで固定されてるが縦ベクトルが剥き出しの宙ぶらりんだ。なぜなのか。まあこれも固定してくれるらしい。
よっつめ、部屋に2つあるシーリングライトの操作チャンネルが変えられない。こういうのって個別に主電源のオンオフできるのが本来だと思うのだが、それがない。常にオンである。この件については問題の確認のみで特に対応するとかはもらえなかった。どうなるんや。
いつつめ、これはメールに書かなかったが部屋入る前右手の壁紙が一部えぐれてるのを見てもらう。これもチェックしてもろただけで具体的に対応するとかは聞けなかった。

気になってたところはおおむね対応いただけることとなり、一安心。壁紙なんかは正直別に構わぬ。
ただ、今ある照明付きのキッチンユニット発注したのがどいつなのか、そいつが気になる。こっちの「キッチン照明なし」注文がドコで途絶えたのか。

執筆現在は9割がた片付いた。畳んだ段ボールがどえらい重量で2つに分けて縛った。明日紙ごみで出してすっきりするんである。

スポンサーリンク

フォローする