デスめんつゆとたまねぎ生食法

こんにちは、mzです。

気付いてしまった。
辛いめんつゆなんぞ買わなくても、ノーマルめんつゆにデスソースを混ぜたらよいのだ。ありがとうふぇねっくさん。ようやく最初にもらったデスソースがほぼ使い切れた。ほぼ。
辛い調味料というのは大体お高い。唐辛子ほか香辛料が割高ってことだね。

ここからたまねぎ話

たまねぎといえば血液がサラサラになるだのなんだの健康効果で有名だが、有効成分の一部は熱に弱い。熱を加えたたまねぎが甘みを増すのはその有効成分・硫化アリルが熱で変化した結果である。
つまり熱を加えず食わないと、それらを効率よく摂取できない。
余談だがにんにくも同じで、熱を加えるとにおい成分が激減するのだが、あのにおいこそが有効成分なんである。

たまねぎの生食――やったことがあるだろうか。私はある。
くっそ辛いです(多少の当たり外れアリ)。とてもじゃないけど何の手も加えず1玉完食し難い。
その辛さも、たまねぎ刻んだとき目にしみるのも硫化アリル。表裏一体なやつめ。

・ミルサーにかける
ミキサーやフードプロセッサーでもよい。電動機材がなければみじん切りでもよいよい。
細かくなったところへデスめんつゆ……まあデスでもめんつゆでなくとも、お好みの調味を施す。液体のがまわりやすいけど塩コショウとかでもいいでしょう。ミルサーの場合は機械を回りやすくするためにもめんつゆ+割る水入れると都合がよかった。
そうしてできたたまねぎスムージーというかたまねぎペーストは比較的食べやすい。

・注意点
作ったらとっとと食うがよろしい。酸化すると渋みが出てくる。とか言ってとりあえずタッパーに詰めました。
あと生食が目的なので、アツアツ料理にのっけたりはしない方がいいだろう。でも焼いた肉にのっけて食べたらうまいに違いない。味噌汁に入れたりしても案外よさそうな……いやだから熱!

・全部冷やしラーメンで食った
生卵つけたり塩コショウごま油他色々で調整してみたが、ウマくはないぞ。でも食うのがつらい辛さはなくなり、薬飲んだと思えばまあよかろうわいという心境。
ミルサーにかけて即食わなかったのが失敗だった。あとはもうちょいうまい用途を考えよう。普通にスムージー的なものを作ればいいかもしれん。

スポンサーリンク

フォローする