PC新調記録 マイニング編

こんにちは、mzです。

PC新調記録のつづき的なマイニングの内容になってます。
遡るとうちのマイニング開始は2021年4月21日のこと。まだひと月経ってない。
当時ほとんど死に体だったGTX1070TIをたのみ、nicehashでちまちま平和にほりほりしておったそうな。0.00005000BTC/dいけば良いくらいのレートだった。0.00005000BTCといえば大体$3くらい。

それが9日頃からハッシュレートが妙に跳ね上がった。チラと聞いた話ではイーサ相場が上がると報酬も増えるらしい。でもそれイーサの話してたんかな? まあ通貨の価値が上がると与えられる額面も増えるってことで、ここでは深く突っ込まないことにする。
具体的には9、10日それぞれの成果が大体0.00008000BTCくらい。その後さらに伸びて昨日など0.00011000BTC越え。
世間的にはしょぼいものだが使用GPUを考えたらトンでもない数値なのである。9日までは4時間でpayが発生するなんて稀な程度だった。

PC購入

9日の段階で、

「1070TIでこれならスゲーGPU使ったらどうなっちまうんだ……」

と。
最近あぶく銭が転がり込み、これはどこかに投資しようと決めてたからPC買ったった。最初は投資先株で考えてたんだけどね。
そんなわけでRTX3080搭載の新PCによるマイニング状況がこんな感じである。
おやすみ仕様
チューニングを寝る前のおやすみ仕様に抑えてるため、新PCの方はハッシュレートも控えめ。
それよかnicehash osで動かしてる旧PCが尋常じゃなくて0.0002BTC/d超えることもある。今おやすみ仕様だというのに合算で0.0005BTC/d超えてた。SSをお見せできないのが残念です。すごいぞ1070TI。コスパいいらしいからと3080搭載機にしたが廉価GPU複数のがいいんじゃないか。
あ、ハッシュレート自体はwin10上で動かしてたころと大差ないよ。nicehash osに切り替えても劇的な違いはないかと。

なお当初新PCへ1070TIも載せるつもりで電源容量増やしたものだがRTX3080があまりにアレだったため別々で動かさざるを得んなと。マザー上で距離とれぬし。

おやすみ仕様の理由

Niceマイニングニュース様のおすすめセッティングによればRTX3080は

Core clock delta:-150
Memory clock delta:900
Power limit (W):220

これするとクッソうるさいんです3080。ほぼサーバーマシン状態なる。生活の快適さとトレードオフ感あるよな。
寝るときつけっぱはやめとくかなーと思ったけど設定落とせばいいだけ。なので

Core clock delta:-360
Memory clock delta:-900
Power limit (W):145

このようにしたのが上の画像のおやすみ仕様。1070TIをLiteで動かしてる程度のそよ風になる。
ただご覧のとおり効率(efficiency)はブン回してる時ほど出ない。追及したらもうちょい上げられるやもしれんけど。

OCTuneは手動設定!

Autotuneってのもあるんだが私は手動設定を推したい。設定は1日1回か2回で済むのだし。その後自動に任せるのがよいと判明、掌返し。
Tune forをEfficiencyにしてコアクロックをminとmax設定で一度最高効率を探索してもらったところ、
OCTune
なんだかトンチキな結果となった。メモリの設定が悪いんかな。
この結果のまましばらく動かしてたらそれはもう不安定になったしエラーも発生したもので、以降手動シンパとなったmzです。
スピード探索ならうまくいくのかもしれんが、うちはもういいや。人任せにしたくないタイプ。

平常運転時のハッシュレートは?

合算で0.0003~0.0008BTC/dを行ったり来たり。
今日はまだPC環境引っ越しでバタバタしてたから不安定ですけど、明日もさほど変わらぬことでしょう。
nicehash
これで少しはRTX3080のスゴさが伝わるかしら。

冷却の話

稼働当初、VRAM温度が96℃とか。これはアカンとPCの蓋開けっぱにする。88~86℃まで下がった。

もうちとどうにかならん? とサーキュレーターより少し小さいくらいの卓上扇風機を至近距離から色々角度つけて当ててみた。効果はいまいちのようだったが各角度1分も検証してないから満足な調査結果とはいえない。
風当てる自体はかなり有効らしい。らしいけど平置き至近距離で温度下がらなかったから今はいい、もっと暑くなってから考えよう。冷風扇は・・・精密機器にゃこわいわね。

 以下翌朝追記

結局どのくらい掘れるのか?

まず、BTCの価値が落ちれば当然収支も変動するのは覚えときましょう。

最近ハッシュレートが派手に変動したので、そこ考慮に入れず以前のレートで考えると1日1,200円くらい?(電気代織り込み済み) それでも月4万近くいくのだからmzにとったら十分といえる。

現在のレート模様で夜は静かに運用すると・・・2,000~3,000円くらい?
nicehash_2
BTC価格の変動のみならず、時間帯によってもなんか違う気がする。まあ昨夜から下げてきてて7時から暴落してますけど。一部で底値と言われてた$52,000を割っておる。底堅いと言われる$50,000を維持するのかどうかが見所です。
話が逸れた。
悪くても月6万、よけりゃ8万程度になるのではないかと思う。

総合して月収4~8万円くらいと予想。うちはこれだけで食っていけるゾ。
195万までなら雑所得税5%だ。累進課税で稼げば稼ぐほどもってかれるアホらしいシステムだからこのくらいがいい。

海外取引所のススメ

掘って日本円に換金するだけではもったいない。当サイトではnicehash内のマーケットで扱える豊富なアルトコインの取引をおすすめする。exchangeしなくても掘ったBTCとのクロスのみ取引可能。
nicehash_3
今は0.00001350BTCで抑えたMATICだけいい感じ。そして決済価格1ケタ間違えてるのに今気づいた。修正してやる!(SELL 0.00002500BTCポチー)

国内に取扱いのない草コイン(と呼ぶらしい)でロマンを求められるのも海外取引所の醍醐味。稼ぎが安定するならちょっとくらい遊んでみてはいかがでしょう。(安定する前に遊んでる奴)
他の通貨を見るに、一山築いた草コインって大抵その一山こそが草の消える前の最後の炎だったりしてコエーですけどね。RVNもどうなんだろ。

愚痴

蛇足ですが、国内での取引は悉くマイナスしております。ゼロにしてもいい覚悟の入金額に留めたし現物しかやってないからほっとく。てかbitFlyerの販売所のスプレッドおかしくね? あんなもん? Lightningでしかやりたくないわあんなん。

 以下5/14追記

Alternative method for overclockingはいいぞ

Autotuneはイマイチだったみたいなことを言ったが速度・効率それぞれのベクトルでベストな位置を探してもらえるだけでもやってみる価値ありますぜ!

しかしもっとよいものがAlternative method for overclocking. 長いので以下Altと表記。
おそらくコレが一番柔軟な動作してくれる。というのもいつ発生したものかわからぬが、ふつうにOverclockingで動作させてたらerrが8あった。勘だがPower limitの要求値が設定値を上回っちゃってんじゃないかな。

Altで動かすと、コアクロックとメモリクロックだけこちらで指定、電力に関しちゃ向こうでうまいこと必要量を使ってくれる。Overclockingでも設定をわずかに上回ることあるけど実際の必要量がわずか以上に隔たってると危ないんじゃあるまいか。
Alt設定
5/14の現状
今こんな感じ。BTC下落によりハッシュレートが爆上げする前の水準に戻った。でもまだプチアゲ状態。
平均して0.0003BTC/d以上出てる。充分だ。
しかしeff0.4MH/J以上出すにはやっぱPower limit制限せんとダメかなあ。結局安定性とのトレードオフか。ぬーん。

今後もちょこちょこ設定変えてみて長期安定セッティング発見したらまたなんぞ書きます。でもなんやかんや上でリンク貼ったおすすめセッティングが優秀みたい。エラーは寝てる間に発生したんやろ多分。

つづき:マイニング効率の話