停電の記憶

こんにちは、mzです。

うちのマンションで朝9時半から17時そこそこまでの大規模停電があった。理由は開閉盤改修という素人にはよくわからぬものだが、調べてみるとこれは耐用年数が大体15年らしい。
PCが使えないと仕事もなにもできない以上、停電は致命的である。ノートPC+wifiならまだどうにかなりそうなもの、しかしうちはデスクトップ+固定回線。しぬる。
それに限らず電気がないだけで普段の行動の半分近くが制限される。下手するとごはんも食べられない。
今回はそのあたりについて、苦痛の記憶色褪せぬうちに詳しく書いておこう。

制限される行動

・食事
炊飯器の場合は米も炊けない。うちは圧力鍋とカムカム鍋で炊いてるんで水とガスが生きてるなら問題なし。幸い今日はお米炊く日で、カレー1食ぶんも同時に温められた。
お米炊く日じゃない場合、ごはんとカレー各1食ぶんをレンチンする。停電してるとムリだし圧力鍋でむりくり温めることになるところだった。
それでなくともパスタやレトルト食品、インスタントものなど備えておけば1日くらいはもつだろう。

・風呂
ガスと水道がオッケーでもバスルームが暗くてまともにシャワー浴びれない。地味に困る。
気合の入った女子ならポータブル照明機器(懐中電灯など)を持ち込みそう。濡らして壊さぬよう気をつけてほしい。

・読書など(夜間)
今回は本格的に日が落ちる前に復旧してくれたから問題ないのだが。
過去に夜遅く、22時か23時ごろ落雷で短時間停電したことがあった。当然PCも強制シャットダウン。
カーテン開いても外真っ暗、中も真っ暗。こーなると本格的に何もできない、寝るしかない。
ろうそく程度だとあっても使うのこわい。ランタンでもあればね。

・行動ではないが……
冷蔵庫が止まり保存物が痛む。あらかじめ停電するとワカってるならナマモノを減らす努力ぐらいはしておきたい。無闇に開閉しなきゃ意外と冷えたままでいてくれるけどね。(季節次第)

mzの行動

停電日の朝から振り返ってみよう。

・朝
10時過ぎ起床。マイニングでつけっぱにしてたPCが落ちてて、ああもう停電しとるんかと考え至る。こんなに早くからとは思ってなかった。
PC使えず何したもんかとしばし立ち尽くす。
掃除をはじめる。昼までまだまだ時間あるし、としばらく手付かずなベッドの下へ着手。ベッド動かし、ベッド下の掃除機もよけてホコリを払う……えろほんなどは無い。今は動画でどうにでもなっちゃう。ベッド重く腰にクる。

昨日仕込んだヨーグルト(2L)固まってたから次作る用の種とって、米麹を混ぜ込む。種の段階で麹を入れてしまうのもアリな気が。やったことないけど。
そのアシで炊飯し、米のとぎ汁で植物に水やり。
ベランダがとっ散らかってるのが気になり、またしても掃除にかかる。部屋掃除の段階で鶏糞だのなんだのを出してたからそれも鉢に使う。本来追肥で使うもんじゃないぞ。

 追記:

・昼
カレーを食い、昨日1斤買った残りの食パンを1枚バターでトースト、スライスモッツァレラチーズ乗せて食う。うまし。
「なんか本でも読むか」となりセルフコントロールの心理学なる細長い本をぺらぺらと。いまいち刺さらず。
プロを目指すためのノベルゲーム制作研究。たいしたこと書いてない。
シナリオ創作演習十二講。これは大変参考になる。でも五講まで読んだあたりで飽き、いや疲れた。

15時、少し肌寒さを感じベッドで布団をかぶる。心地よさにうとうとするうち20分、30分と過ぎていき16時過ぎるまでうとうと過ごした。仮眠感覚。
また十二講読み進めるうちに小腹が減り、バターチーズトースト再び。そしてシリアル。メープルナッツのグラノーラうめぇ。

17時をまわる。外は明るい。
まだ復旧しない現状と、しばしば聞こえてくる作業員の談笑にいらつきながら食事と歯磨きを終え、腹ごなしに散歩の準備。ついでに作業状況みといたろう。
部屋出てカギ閉め向き直ると、

「(゚-゚)?

マンション内通路の灯りがついてる。このタイミングで?
閉めたばかりのカギを開け家に入ると確かに聞こえる冷蔵庫の駆動音。

散歩なんかしてられるか!
俺はPC起動するぞ!

こうしてmzの停電生活は終わった。
ソーラー発電の導入とかちょっと考えてみたい。

スポンサーリンク

フォローする